奇跡のピアノニスト

奇跡のピアニストと呼ばれる、盲目のピアニストがいる。

彼は生まれながらに目が見えなかった。
生後8か月のときに母が、彼が音に対する間隔が非常に敏感であることに気が付き、音楽の世界へと踏み入れた。
1歳三か月でピアノを弾き始め、4歳から正式に習い始める。

彼は幼いころからピアノコンクールにも多数出場し、入賞をはたしている。
-コンサート・ピアノコンクール入賞歴-
・1995 全校日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第一位受賞
・1998 三枝成彰スペシャルコンサートで
・1999 全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞
・2000 第一回ソロ・リサイタル開催 サントリーホール
2009年にはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝しています。

オーケストラやソロでのコンサートも多数ひらかれており、少し先の予定のチケットも完売することも多いです。
ぜひ一度、彼の演奏を聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>