ピアノコンクールの心得

ピアノコンクールへの出場を決めたあなた。ピアノコンクールまではどのように過ごすべきでしょうか。
また、ピアノコンクール当日はどのように迎えるべきでしょうか。
作法や、心得に目を通しておきましょう。

ピアノコンクールは、ただただ自分の演奏をする場ではありません。
ピアノコンクールに出場するこで、何を考え、何を得てるのか。
そのことがとても重要です。

当時はもちろんのこと、それまでの過程も大切に過ごすよう心掛けてみてください。

まず、練習はコンスタントに行うこと。
毎日の練習が肝心です。どんなに仕事や家庭が忙しくても、一日数時間でもピアノを弾き、ピアノコンクールへ想いを傾けましょう。

定期的に、家族や友人の前で演奏をすることも大切です。
ピアノコンクールは何十人、何百人という観客の前で演奏しますから、人前で演奏することに慣れておきましょう。
練習を重ねることで、緊張に支配されることはありません。
ピアノコンクールで感情をこめて演奏するために、緊張という壁を乗り越えておく必要があります。

また、当日に笑顔で挨拶ができる余裕を作っておきましょう。
演奏者の心情は観客に伝わります。

レッスンをしっかりとおこなうことで、自分に自信と余裕を身に着け
よいピアノコンクールを迎えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>