奇跡のピアノニスト

奇跡のピアニストと呼ばれる、盲目のピアニストがいる。

彼は生まれながらに目が見えなかった。
生後8か月のときに母が、彼が音に対する間隔が非常に敏感であることに気が付き、音楽の世界へと踏み入れた。
1歳三か月でピアノを弾き始め、4歳から正式に習い始める。

彼は幼いころからピアノコンクールにも多数出場し、入賞をはたしている。
-コンサート・ピアノコンクール入賞歴-
・1995 全校日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第一位受賞
・1998 三枝成彰スペシャルコンサートで
・1999 全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞
・2000 第一回ソロ・リサイタル開催 サントリーホール
2009年にはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝しています。

オーケストラやソロでのコンサートも多数ひらかれており、少し先の予定のチケットも完売することも多いです。
ぜひ一度、彼の演奏を聴いてみてください。

ピアノコンクールの心得

ピアノコンクールへの出場を決めたあなた。ピアノコンクールまではどのように過ごすべきでしょうか。
また、ピアノコンクール当日はどのように迎えるべきでしょうか。
作法や、心得に目を通しておきましょう。

ピアノコンクールは、ただただ自分の演奏をする場ではありません。
ピアノコンクールに出場するこで、何を考え、何を得てるのか。
そのことがとても重要です。

当時はもちろんのこと、それまでの過程も大切に過ごすよう心掛けてみてください。

まず、練習はコンスタントに行うこと。
毎日の練習が肝心です。どんなに仕事や家庭が忙しくても、一日数時間でもピアノを弾き、ピアノコンクールへ想いを傾けましょう。

定期的に、家族や友人の前で演奏をすることも大切です。
ピアノコンクールは何十人、何百人という観客の前で演奏しますから、人前で演奏することに慣れておきましょう。
練習を重ねることで、緊張に支配されることはありません。
ピアノコンクールで感情をこめて演奏するために、緊張という壁を乗り越えておく必要があります。

また、当日に笑顔で挨拶ができる余裕を作っておきましょう。
演奏者の心情は観客に伝わります。

レッスンをしっかりとおこなうことで、自分に自信と余裕を身に着け
よいピアノコンクールを迎えましょう。